飲食店専門用語 解説

飲食店における「ランナー」とは?業務内容・求められている事等を分かりやすく解説!

1. ランナーとは?

飲食店における「ランナー」とは、主に料理や飲み物をキッチンやバーから客席に運ぶ役割を担うスタッフのことを指します。この役割は、飲食店のサービス業務の中で非常に重要であり、以下のような特徴や責任を持っています。

1.1迅速な配膳

 ランナーの主な任務は、料理を素早く、かつ安全にテーブルまで運ぶことです。彼らはキッチンと客席の間を頻繁に行き来し、顧客が待ち時間なく食事を楽しめるようにします。

1.2 注文の正確さ

  ランナーは注文された料理や飲み物が正確に顧客に届けられることを確認します。間違った料理を運ばないよう、注文内容を正確に把握する必要があります。

1.3 テーブルの準備と片付け

 飲食店によっては、ランナーがテーブルの準備や片付けも行うことがあります。これには、食器のセットアップや使用済みの食器の回収などが含まれます。

1.4 顧客サービスへの貢献

顧客に料理を提供する際、ランナーは時に簡単な説明や会話を交わすこともあります。そのため、顧客サービススキルも重要になります。

1.5 チームワーク

 ランナーはウェイターやキッチンスタッフと密接に連携し、スムーズなサービス提供を目指します。効果的なコミュニケーションと協調性が求められます。

1.6環境の整理整頓

ランナーは飲食店の清潔さを保ち、安全な環境を維持する役割も担います。これには、テーブルや床の清掃、障害物の除去などが含まれます。

1.7 忙しい時間帯のサポート

ピークタイムには、ランナーの迅速な動きが特に重要になります。彼らは忙しい時でも顧客の待ち時間を最小限に抑えるために活動します。

2. 最後に

ランナーは飲食店の運営において欠かせない存在であり、その効率的かつプロフェッショナルな働きが顧客満足度の向上に大きく貢献します。

-飲食店専門用語 解説