飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】PL(ピーエル)とは?

  1. HOME >
  2. 飲食店専門用語 解説 >

【飲食店用語解説】PL(ピーエル)とは?

1. PLとは?

 「PL」は、飲食店業界で一般的に使用される略語で、通常は「Profit and Loss(損益計算書)」の略です。

 損益計算書は、特定の期間内における収益と費用を詳細に示した財務報告書で、経営者や投資家にとって経営の健全性や収益性を評価するための重要なツールです。

2. PLに出てくる主要な科目

PL(損益計算書)には、様々な要素が含まれます。企業によって若干の違いはありますが、主要な科目は以下となります。

2.1 売上高(Sales Revenue)

  飲食店の営業活動から得られる収益、つまり料理や飲み物の販売収益を示します。

2.2 売上総原価(Cost of Goods Sold)

 売上高に対する原材料費、食材のコスト、人件費などの直接的な製造・提供コストを示します。

*売上総利益とも言う

2.3 営業利益(Operating Profit)

 売上高から売上総原価、販売費用、一般管理費用を差し引いた収益です。営業活動から得られる利益を示します。


2.4 その他の収益(Other Income)

 売上高とは直接関連しない追加の収益、例えば不動産賃料や金利収入などが含まれます。

2.5 その他の費用(Other Expenses)

 売上高とは直接関連しない追加の費用、例えば法的費用や研究開発費用などが含まれます。

2.6 税金(Tax)

 法的義務に基づいて支払われる法人税や所得税が含まれます。

2.7 純利益(Net Profit)

  営業利益からその他の収益とその他の費用、税金を差し引いた最終的な収益です。これが飲食店の特定の期間における純利益を示します。

2. 最後に

PL(損益計算書)は、飲食店の収益性や経営の健全性を評価するために使用され、経営者や投資家がビジネスのパフォーマンスを把握するのに役立ちます。PLを定期的に作成し、分析することで、業績のトレンドや問題点を把握し、経営戦略を調整する際の重要な情報源となります。

    【コメント・ご相談・コンサルティングの依頼はこちらから】

    -飲食店専門用語 解説