飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】QSCとは?

1. QSCとは?

 「QSC」という用語は、飲食業界で一般的に使用される略語で、店舗運営を企業や業態が求める基準をクリアしているかを判断する事を目的として行われます。QSCの基準通りの運営ができている=正しい運営が出来ていると言う目安になる為、QSCのチェック項目は重要な意味を持ちます。

2.QSCの要素

 QSCは一般的には以下の要素を表すものです。企業によってはH(ホスピタリティ)を合わせて「QSCH)にしたり、A(アトモスフィア=空間)を合わせたりする場合もあります。

2.1 Quality (品質)

  品質は、飲食店が提供する食品やサービスの質に関連します。食材の新鮮さ、調理法、味、見栄え、食事の提供速度、サービスの質などが品質に影響を与えます。品質の高い料理やサービスは、顧客の満足度を高め、リピートビジネスや口コミでの評判向上につながります。

2.2 Service (サービス)

 サービスは、飲食店のスタッフが顧客に提供するサービス全般を指します。サービスには、接客態度、注文の正確さ、オーダープロセス、食事の提供、トラブルシューティングなどが含まれます。顧客への良好なサービスは、顧客の快適さと満足度を高める要因です。

2.3 Cleanliness (清潔さ)

 清潔さは、飲食店の環境や設備、テーブル、トイレなどの清潔度を指します。飲食店は清潔で衛生的な環境を提供することが求められます。清潔であることは、食品の安全性や顧客の信頼に関わります。

3. 最後に

 QSCは、飲食店が成功するために非常に重要な要素であり、顧客の満足度と忠誠心を高め、長期的な成功を確保するのに貢献します。

多くの飲食店では、QSCを高めるために訓練プログラムや品質管理手法を導入し、スタッフに品質、サービス、清潔さへの取り組みを促しています。また、QSCを高めることは、競争力を維持し、市場での地位を強化するのにも役立ちます。

-飲食店専門用語 解説