飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】FL(エフエル)とは?


1. FL(エフエル)とは?

 FL(エフエル)は、「Food & Labor Cost(フード&レイバーコスト)」の略です。飲食店業界で使用される一般的な用語で、食材(フード)と人件費(レイバー)にかかるコストを指します。この用語は、飲食店の経営者がコスト管理や業績評価を行う際に重要な役割を果たします。

2. FLの適正値はどのように決まるのか?

 FLの適正値は、飲食店の経営状況や業態、地域、目標などによって異なります。一般的には、これらのコストを最適化し、収益性を向上させることが目標ですが、具体的な適正値は以下の要因に依存します。

2.1 業態と価格帯

 飲食店の業態や価格帯に応じて、フードコストとレイバーコストの適正値は異なります。高級レストランとファーストフード店では、原材料費や人件費の割合が異なるでしょう。

2.2 地域

 地域ごとに原材料費や人件費のコストが異なるため、地域に合わせて適正値を設定する必要があります。高コストの地域では、適正値を高く設定する必要があるかもしれません。

2.3 収益目標

  飲食店の経営者は、収益目標に応じてフードコストとレイバーコストを調整します。利益率を最大化するために、収益目標に合わせた適正値を設定します。

2.4 効率化とコスト削減

 適正値は、効率化やコスト削減の取り組みに基づいて変化することがあります。効率的なプロセスやコスト削減策が導入されれば、適正値も変動する可能性があります。

2.5 競合状況

 他の飲食店との競争状況も適正値に影響を与えます。競合店と比較して適正値を設定し、競争に対応する必要があります。

3. 最後に

 適正なフードコストとレイバーコストの設定は、飲食店経営者の判断と戦略に依存します。通常、収益性を確保するために、フードコストを売上高の20%から30%、レイバーコストを売上高の15%から30%程度に抑えることが目安とされます。ただし、具体的な数値は店舗や業態によって異なり、経営者の目標に合わせて調整されます。

 最適なフード&レイバーコストを見つけるために、定期的な収支分析やコスト管理の評価が必要です。適正なコスト設定と効果的な経営戦略により、飲食店は収益性を最大化し、持続可能な経営を実現できます。

-飲食店専門用語 解説