飲食店専門用語 解説

3C分析とは?意味、やり方・SWOT分析との違いを分かりやすく解説!

1. 3C分析とは?

 「3C分析」は、企業戦略の立案や競争環境の評価に使用されるマーケティングツールの一つです。3Cは、Company(企業)、Customers(顧客)、Competitors(競合他社)の頭文字を表しており、これらの要素を分析することで、ビジネス戦略を策定および最適化するのに役立ちます。飲食業においても、顧客のニーズや競合状況を理解し、ビジネス戦略を調整するのに役立つ有用なツールです。

以下は、3C分析の各要素に関する詳細な説明です。

1.1 Company(企業)

・自社の特徴と能力を評価します。これには、企業の強み、弱み、リソース、経営戦略、ブランドイメージ、製品またはサービスの特徴などが  
 含まれます。
・飲食業においては自社のメニュー、料理の品質、価格設定、サービス品質、店舗の場所、運営プロセス、従業員スキルなどが考慮されます。


1.2 Customers(顧客)

・顧客層や市場セグメンテーションを理解し、顧客のニーズ、要望、購買行動を分析します。顧客のプロファイル、好み、購買力、購買頻度な
 どを把握します。
・飲食業においては、ターゲット市場、顧客の好み、食事の好み、価格感受性、来店頻度などが考慮されます。


1.3 Competitors(競合他社)

・競合他社を分析し、競合状況を理解します。競合他社の強み、弱み、戦略、市場シェア、製品またはサービスの特徴などを評価します。
・飲食業においては、同じ地域に存在する他のレストランやカフェ、ファーストフードチェーンなどとの競合関係を考慮します。競合他社の
 価格戦略、メニュー、サービス品質を把握します。

2. 3C分析のやり方

  この分析は、三つの「C」、すなわち「Customer(顧客)」、「Company(企業)」、「Competitor(競合)」に焦点を当てます。それぞれの要素を分析することで、市場の状況を理解し、効果的な戦略を策定することができます。以下は、3C分析の基本的なステップです。

2.1 Customer(顧客)の分析

 【ニーズと要求の理解】
顧客のニーズや要求、嗜好を理解します。これには、顧客の購買行動、好み、価値観などが含まれます。

【セグメンテーション】
顧客を異なるグループに分け、それぞれの特性やニーズを分析します。

【購買プロセスの理解】
顧客が商品やサービスを購入するプロセスを理解し、どの段階でどのような判断を行うかを把握します。

2.2 Company(企業)の分析

【自社の強みと弱みの評価:】
自社の製品やサービス、ブランド、リソース、能力などを分析し、強みと弱みを特定します。

【バリューチェーンの分析】
企業のバリューチェーン(価値創造プロセス)を分析し、効率化や改善の可能性を探ります。

【資源と能力の評価:】
企業の財務資源、人的資源、技術などを評価し、競争優位を築くための基盤を理解します。

2.3 Competitor(競合)の分析

【競合他社の特定】
市場に存在する主要な競合他社を特定します。

【競合の戦略と位置付けの分析】
競合他社の戦略、強み、弱み、市場での位置付けを分析します。

【競合環境の評価】
業界の競争環境、市場のトレンド、技術の進化などを評価し、それらが自社と競合にどのような影響を与えるかを理解します。

2.4 総合的な戦略の策定

【SWOT分析の活用】
3C分析の結果をもとに、SWOT分析(Strengths, Weaknesses, Opportunities, Threats)を行い、自社の戦略を策定します。

【市場の機会の特定】
顧客のニーズ、自社の強み、競合の弱みを踏まえて、市場での機会を特定します。

【リスクの評価と対策】
市場や競合からのリスクを評価し、それに対処するための戦略を構築します

3. 3C分析とSWOT分析との違い

 3C分析は、主に市場環境を理解するために用いられるフレームワークですが、SWOT分析は企業の内部環境と外部環境を総合的に評価するためのフレームワークです。

3.1 2つのフレームワークの違い

【焦点の違い】
3C分析は市場環境(顧客、競合、自社)に重点を置いています。一方、SWOT分析は企業の内部環境と外部環境の両方を考慮に入れます。

【目的の違い】
3Cは市場での競争優位を理解し戦略を策定するのに焦点を当てています。SWOTは内部と外部の要因を統合し、総合的な戦略的方向性を導き出すことを目的としています。

【アプローチの違い】
3Cは競争環境の理解に重点を置き、SWOTは強み、弱み、機会、脅威のバランスを取りながら戦略を策定します。

4. 最後に

 3C分析を実施することで、飲食業における市場環境をより深く理解し、競合優位性を確立するための戦略的な方向性を特定することができます。この分析を通じて、自社の強みを最大限に活用し、顧客のニーズに合った製品やサービスを提供するためのアプローチを開発するのに役立ちます。

-飲食店専門用語 解説