飲食店専門用語 解説

飲食店における5Sとは?整理・整頓など分かりやすく解説!

1. 5Sとは?

 「5S」は、日本の管理哲学である「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の原則を指します。これは、生産性と効率性を向上させるための組織内の作業環境管理ツールとして広く使用されています。特に飲食店のような環境では、清潔さ、整頓、効率性が非常に重要です。

以下は、5Sの各要素について説明します。

1.1 整理 (Seiri - Sort)

・不要なものを削除し、必要なものだけを保持するプロセスです。
・飲食店では、過剰な調理器具、食材、食器、家具などを整理し、作業スペースを最適化します。
・これにより、不必要なものが邪魔にならず、スペースが効果的に使用され、作業の効率が向上します。

1.2 整頓 (Seiton - Set in Order)

・作業場所を整理し、効率的な配置を計画します。
・飲食店では、調理器具や食材を使いやすく、安全に配置し、料理の流れを最適化します。
・これにより、作業者は必要なアイテムを簡単に見つけられ、料理の調理時間が短縮されます。


1.3 清掃 (Seiso - Shine)

・作業場所や設備を清潔に保ち、整頓された状態を維持します。
・飲食店では、厨房やダイニングエリアの清掃、食材の保管場所の清潔さを維持します。
・清潔な環境は食品安全性に寄与し、顧客満足度を高めます。

1.4 清潔 (Seiketsu - Standardize)

・作業場所の整理、整頓、清掃をルールや標準化された手順に基づいて行います。
・飲食店では、清掃や衛生プロトコルを定期的に実施し、スタンダードな方法で行うことが重要です。
・これにより、一貫性を保ち、品質管理が向上します。

1.5 躾 (Shitsuke - Sustain)

・5Sの原則を継続的に実践し、持続可能な文化を確立します。
・飲食店では、従業員を5Sの原則に従わせ、清潔さ、整頓、効率性を維持するトレーニングと監視が行われます。
・持続的な努力により、生産性が持続的に向上し、安全性と品質が確保されます。

3. 最後に

 5Sは飲食店のような環境で特に役立ち、安全性、効率性、品質を向上させるのに役立ちます。整理、整頓、清掃、清潔、しつけの原則に従って運営することは、従業員のモチベーション向上や顧客満足度の向上にもつながります。

-飲食店専門用語 解説