飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】飲食店の店長とは?

1.店長とは?

 飲食業における「店長(Manager)」は、飲食店の日常的な運営と管理を担当する責任者です。店長は、飲食店の経営者やオーナーから指示を受けて、店舗全体の効率的な運営とスタッフの管理を行います。

2.店長の主な役割

 店長の業務は非常に多岐に渡り、売上規模にもよりますが中小企業の社長と同等の権限と業務を行う店長も存在します。
以下は、店長の主な役割と責任についての一般的な概要です。

2.1 スタッフ管理

 店長は従業員の採用、トレーニング、スケジュールの作成、業績評価など、スタッフ全般の管理を担当します。スタッフのモチベーションを維持し、協力的なチームを構築する役割もあります。

2.2 カスタマーサービス(顧客管理)

 店長は顧客に対する高品質のサービスを提供することを重視し、カスタマーサービスの向上を確保します。不満やクレームの対応にも関与し、顧客満足度を維持します。

2.3 予算管理

  店長は売上目標の設定や予算の策定に関与し、コスト管理、収益最大化、利益の確保を目指します。費用対効果の分析やコスト削減策の実施も行います。

2.4 在庫管理

 飲食店では食材や飲料の在庫管理が重要です。店長は在庫の調達、品質管理、ロスの最小化などを管理します。

2.5 衛生と安全

 店長は食品衛生規則や労働安全規則を順守し、飲食店が清潔で安全な環境で運営されるようにします。

2.6 営業戦略

  店舗の営業戦略の策定や実施も店長の役割です。メニューの開発、価格設定、プロモーションの計画など、店舗の収益性向上に寄与します。

2.7 労働法規制の遵守

  店長は従業員の勤務時間、賃金、休憩時間など、労働法規制に従い、法的なコンプライアンスを確保します。

2.8 顧客フィードバックの収集

 顧客からのフィードバックを受け入れ、改善点を特定し、サービスの品質向上に取り組みます。

2.9 危機管理

  緊急事態や問題が発生した際に、店長は冷静な判断と適切な対応を行います。

3. 最後に

 店長は、飲食店の経営者やオーナーに対して報告を行い、店舗の成功に向けて積極的に働きます。店長の役割は非常に多岐にわたり、飲食店の運営において不可欠な存在です。成功した店長は、スタッフのモチベーションを高め、カスタマーサービスの品質向上、収益性の最大化などに貢献します。

-飲食店専門用語 解説