飲食店専門用語 解説

離職率とは?計算式や離職率が高まる理由を分かりやすく解説!

1. 離職率とは?

飲食業における離職率は、従業員が企業を離れる割合を示す統計的な指標です。離職率は通常、特定の期間(通常は1年間)における従業員の離職数を、その期間の平均従業員数で割った割合として計算されます。離職率は、労働市場の安定性や企業の労働力管理の効果を評価するために使用されます。

2. 離職率を求める計算式

離職率を求める公式
離職率 = 離職者数 ÷ 従業員数 × 100

例) 従業員数 42名、離職者数 14名 この時の離職率は?
14÷42×100=33.3%

この店舗の離職率は33.3%となる


3. 離職率が高まる要因

 飲食業における離職率に影響を与える要因はさまざまですが、以下は主要な要因のいくつかです。

3.1 賃金と報酬

 従業員の給与や報酬が適切でない場合、離職率は高まる可能性があります。低賃金や不適切な給与調整は、従業員のモチベーション低下や他の求人への転職を促進することがあります。

3.2 労働条件

 飲食業における労働条件、労働時間、休暇制度、福利厚生などの労働条件が従業員にとって魅力的でない場合、離職率が高まる可能性があります。

3.3 ワークライフバランス

 飲食業における労働条件、労働時間、休暇制度、福利厚生などの労働条件が従業員にとって魅力的でない場合、離職率が高まる可能性があります。

3.4 職場文化

 職場環境や文化が労働者にとって支持できない場合、離職率が上昇することがあります。良好な職場文化とチームの協力関係は、従業員の定着に寄与します。

3.5 キャリアの機会

 従業員は、キャリアの成長やスキルの向上の機会を求めることがあります。キャリアの発展が限定されている場合、離職率が高まる可能性があります。

3.6 業界特有の要因

 飲食業は季節性や不安定な需要パターンに影響を受けることがあります。需要が急増するピークシーズンと低迷するオフシーズンがある場合、従業員の離職率はピークシーズンに高まることがあります。

3.7 カスタマイズ

  一部の飲食店では、顧客がポーションサイズをカスタマイズできるオプションを提供しています。これにより、顧客は自分の好みや食欲に合わせて注文できます。

4. 最後に

 離職率の高まりは、従業員の離職コスト、トレーニングと採用コストの増加、顧客サービス品質の低下など、企業にとって問題を引き起こす可能性があります。したがって、飲食業経営者は、従業員の満足度と定着を向上させるための対策を検討し、離職率を低減することに努力することが重要です。

-飲食店専門用語 解説