飲食店専門用語 解説

賞与引当金とは?言葉の意味と目的などを分かりやすく解説

1. 賞与引当金とは?

 「賞与引当金」(Bonus Reserve)は、企業が将来の賞与支払いに備えて設ける会計上の勘定です。これは、企業が毎年の利益の一部を賞与として従業員に支払うために積み立てる資金です。賞与引当金は、従業員への労働者報酬として支給されるため、経理上の重要な要素となります。

以下は、賞与引当金に関する詳細情報です。

1.1 賞与の性質

 賞与は、通常、従業員に対して年次ボーナスや業績に応じた特別ボーナスとして支給されます。賞与は、労働者のモチベーション向上や報酬の一環として重要な要素とされています。

1.2 賞与の積み立て

  企業は、毎月、毎四半期、または年度末など、定期的なスケジュールで賞与引当金を積み立てることがあります。これは、企業の収益から賞与支払いに充てるための資金を分けておくことを意味します。

1.3 会計上の処理

 賞与引当金は、会計上の負債として計上されます。企業は、支払予定の賞与額に基づいて賞与引当金を積み立て、賞与が支払われると賞与支払費用に転記されます。

1.4 法的要件

賞与の支払いには法的要件が関与する場合があります。国や地域によって、最低限の賞与支払いが義務付けられていることがあります。

1.5 企業の政策

企業は、自身の政策に基づいて賞与引当金を管理します。政策には、賞与の支給基準、金額、支払い時期などが含まれます。

1.6 労使交渉

 賞与に関する労使交渉が行われることがあります。従業員や従業員代表団との協議を通じて、賞与の額や支給条件が合意されることが
あります。

2. 最後に

 賞与引当金は、企業の財務計画と予算において重要な要素であり、従業員のモチベーションを高め、報酬を一定水準で保つ役割を果たします。企業は、賞与引当金の適切な管理と透明性を確保し、財政的な健全性を維持するために適切な手順を踏むことが重要です。

-飲食店専門用語 解説