飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】満席率とは?

1.満席率とは?

 飲食店の「満席率(Occupancy Rate)」は、特定の時間帯や期間内でレストランやカフェの座席が利用可能な状態から、実際に顧客に占有された割合を示す指標です。この指標は、飲食店の収益性や需要の分析に役立ちます。

2. 満席率を求める公式

満席率を求める公式
満席率 (%) = (来店客数 / 座席数) × 100

例) 19時台の来店客数13名、席数18 この時間の満席率は?

13÷18×100=72.2%
この時間の満席率は72.2%、となる

*この式において、「実際の顧客数」は特定の時間帯や期間内での実際の顧客数で、「座席数」は
 レストランやカフェが提供する座席の合計数です。

3. 満席率に影響する要素

 満席率は店舗の形状や広さによって変わりますが、主に以下の要素に影響を受けます。

3.1 利用途中の時間帯

  満席率は、特にピーク時間帯や混雑する時間帯に注目されます。ランチやディナータイム、週末、特別なイベントの際に座席がどれだけ利用されているかを把握するのに役立ちます。

3.2 需要の分析

 満席率は、飲食店の需要を理解するのに役立ちます。需要が高いときに座席が利用され、満席率が高い場合、飲食店は需要に対応できていることを示します。


3.3 収益性の評価

 満席率は、飲食店の収益性に直接影響を与えます。高い満席率は、収益を最大化することができる可能性が高い一方で、低い満席率は収益に影響を与えることがあります。

3.4 予約管理

  満席率を正確に把握することは、予約管理にも役立ちます。予約を受け付けている場合、満席率に合わせて予約を管理し、効率的な席の利用を確保できます。

3.5 改善の機会

 低い満席率の場合、飲食店は需要を増やす戦略や、広告、プロモーション活動を通じて顧客を増やす機会を検討することができます。


4. 回転率の目安

 飲食店の満席率の平均は、一般的に60~70と言われています。満席率が低い場合は、テーブルに座れる人数を見直す必要があります。たとえば、2人客が多い場合は、4人テーブルを少なくして2人用テーブルを増やすなど、空席がなくなるようにする工夫が必要です。

5. 最後に

 満席率は、飲食店の収益性や効率性を評価するための重要な指標であり、経営陣が戦略を立てる際に役立ちます。高い満席率を維持するためには、需要の予測、座席の最適配置、効果的な予約管理、顧客サービスの向上など、さまざまな要因を考慮する必要があります。

-飲食店専門用語 解説