飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】棚卸しとは?

1. 棚卸しとは?

 飲食店における「棚卸し」は、店内の在庫アイテム(主に食材や飲料、その他の商品)の実際の数量と、システムや記録に記載されている数量を比較し、在庫の正確な状態を確認するプロセスです。

2.棚卸しの主な目的

 棚卸しは、飲食店の効率的な運営と財務管理に不可欠であり、次のような重要な目的があります。

2.1 在庫の正確な管理

  棚卸しは、在庫が実際の数量と一致しているかどうかを確認し、盗難、浪費、廃棄物などの問題を特定します。正確な在庫管理は、無駄なコストを削減し、食材や商品の不足を防ぐのに役立ちます。

2.2 コスト管理

 飲食店は食材や商品を購入し、在庫として保管します。棚卸しは、在庫のコストを正確に計算し、予算の設定とコスト管理をサポートします。

2.3 収益の最大化

 正確な在庫情報に基づいて、メニュー価格の設定や販売戦略を最適化できます。在庫が過剰である場合、特定の食材を使った料理をプロモーションするなど、在庫を最大限に活用できる戦略を考えることができます。

2.4 労力と時間の節約

  正確な棚卸しは、無駄な労力や時間を節約します。在庫が正確に管理されている場合、スタッフは必要なものを簡単に見つけることができ、料理や飲み物の提供に集中できます。

3.棚卸しの手順

 飲食店での棚卸しは定期的に実施されることが一般的です。方法は店舗や業態によって異なりますが、一般的な手順には以下が含まれます。

3.1 準備

 棚卸しの前に、必要な道具やフォームを用意し、スタッフを指導します。また、棚卸しを行う時間帯を選定します。通常、店舗が閉店後や低い混雑時に行われます。

3.2 カウント

 スタッフは店内の棚や冷蔵庫、ストックルームなどを回り、各商品の実際の数量を数えます。これは手動で行うことが多いですが、バーコードスキャナーやPOS(Point of Sale)システムを使用することもあります。

3.3 記録

 カウントした数量は専用のフォームやシステムに記録されます。この際、商品名、賞味期限、価格などの詳細情報も記入されることが一般的です。

3.4 差異の調査

  カウント結果とシステムの記録を比較し、在庫の差異や不一致がある場合には調査が行われます。誤差の原因を特定し、修正策を検討します。

3.5 報告

 棚卸しの結果は上級管理職やオーナーに報告され、必要な対策が取られます。また、報告書には在庫の状態や動向に関する詳細情報が含まれます。

3. 最後に

 飲食店での棚卸しは、非常に重要な業務であり、正確性と効率性が求められます。これにより、食材や商品の浪費を防ぎ、店舗の収益性を向上させるのに役立ちます。また、食材の質や安全性を保つためにも重要なプロセスです。

-飲食店専門用語 解説