飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】客単価とは?

1. 客単価とは?

 飲食店における「客単価」は、特定の時間帯や期間内で平均的な1人あたりの顧客が支払う金額を示す指標です。客単価は飲食店の経営分析や収益性の評価に重要な数値です。

2. 客単価を求める公式

客単価を求める公式
客単価=売上高÷客数(販売数)

例) 売上 158,000円 客数42名 この時の客単価は?

158,000÷42=3,762
客単価は3,762となる

3. 客単価を構成する要素

 客単価は業態や販売形態によって様々です。客単価は以下の要素に影響を受けます。

3.1 メニュー価格

 提供する料理や飲み物の価格設定が客単価に直接影響を与えます。高価格のアイテムが多いメニューは、一般的に高い客単価を持つ傾向があります。

3.2 提供するサービス

 高品質なサービスや特別なサービス(例: ワインペアリング、コース料理、特別なカスタマイズ)を提供する飲食店は、客単価を高めることができます。


3.3 セールスプロモーション

  セールスプロモーションや特別オファー(例: ディスカウントクーポン、ランチセットメニュー)は、客単価を増加させる効果があることがあります。

3.4顧客の嗜好

  顧客の嗜好に合ったメニューアイテムやドリンクが提供される場合、客単価が高まることがあります。


3.5 訪問頻度

 顧客が飲食店をどれだけ頻繁に訪れるかも客単価に影響を与えます。一度の訪問で多くのお金を使うか、頻繁に訪れるかによって異なります。


3.6 地域や場所

  飲食店の場所や地域によって、客単価は異なることがあります。高所得のエリアに位置する飲食店は、一般的に高い客単価を持つことがあります。

3.7 特別なイベント

 特別なイベントや祝日(例: バレンタインデー、クリスマス、誕生日)に特別なメニューやイベントを提供することで、客単価を増加させることがあります。


3.8 在庫のローテーション

・新しい食材や材料を古いものの前に使用するように在庫をローテーションさせます。
・これにより、食材の廃棄を最小限に抑えます。

4. 最後に

客単価を理解し、適切に管理することは、飲食店の収益性を向上させるために重要です。飲食店は客単価を増加させるためにさまざまな戦略を検討し、メニュー設計やサービスの向上、プロモーション活動などを通じて顧客の支出を促進することがあります。

-飲食店専門用語 解説