飲食店専門用語 解説

飲食店における外部販促とは?具体的な意味や戦略などを分かりやすく解説!

1. 外部販促とは?

 飲食業における「外部販促(External Promotion)」は、店舗やレストランが外部の顧客や潜在的な顧客に向けて実施するマーケティング活動の一形態です。外部販促は、飲食業界において競争が激しく、新しい顧客を獲得し、既存の顧客を維持するために非常に重要です。

以下は、外部販促の一般的な要素と戦略のいくつかです。

1.1 広告キャンペーン

 広告は、外部の視聴者に店舗やレストランの存在を知らせ、商品やサービスを宣伝するための一般的な手段です。新聞、テレビ、ラジオ、デジタルメディア、ソーシャルメディアなど、さまざまなメディアを使用して実施されます。

1.2 プロモーションイベント

 飲食業者は、特別なイベントやプロモーションを開催して、新しい顧客を引き込み、既存の顧客を魅了しようとします。例えば、特別メニューやセール、テーマパーティー、料理教室などが挙げられます。

1.3 協力プロモーション

 他のビジネスや地元の団体と提携して共同プロモーションを行うことがあります。これにより、相互の顧客ベースを活用し、相互のビジネスに利益をもたらすことができます。

1.4 クーポンと割引

 クーポンや割引は、外部の顧客に対して特別な価格や特典を提供する効果的な手段です。飲食業者は、クーポンサイトやアプリを通じてクーポンを提供し、新しい顧客を獲得しやすくします。

1.5 ロケーションベースのマーケティング

  GPSや位置情報を活用して、近くの顧客に特別なオファーを送信するロケーションベースのマーケティングを使用することがあります。これは、通りかかる顧客に対してターゲット広告を配信するために使用されます。

1.6 レビューサイトとソーシャルメディア

 レビューサイトやソーシャルメディアプラットフォームでの積極的なプレゼンスは、飲食業の外部販促に欠かせません。顧客の評価や口コミを活用して信頼性を高め、顧客の意識を高めます。

2. 最後に

 外部販促の目標は、新しい顧客を獲得し、既存の顧客を維持し、収益を増加させることです。効果的な外部販促戦略を検討し、顧客の需要と嗜好に合わせたプロモーションを提供することが、飲食業における成功の鍵となります。

-飲食店専門用語 解説