飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】変動費とは?

1. 変動費とは?

 飲食業における変動費は、企業の売上高や生産量の変動に応じて変動する費用を指します。変動費は、通常、直接労働コスト、原材料費、消耗品費、販売手数料などの形で発生します。

以下は、飲食業における変動費の主な例です。

1.1 原材料費

 飲食業では、メニューのアイテムに使用される食材や調味料などの原材料が変動費として計算されます。売上高が増加すれば、原材料の注文量や費用も増えることが一般的です。

1.2 パート・アルバイトの人件費

  従業員に支払う給与や賃金は、売上高や需要に応じて変動することがあります。忙しい時間帯には追加のスタッフを雇う必要があり、それに伴って人件費も増加します。

1.3 消耗品費

  レストランやカフェでは、飲食物の提供に必要な消耗品(例: 紙ナプキン、トイレットペーパー、調理用具)のコストも売上高に応じて変動します。

1.4 販売手数料

 配達アプリやオンラインフードデリバリーサービスを利用する場合、売上高の一部が手数料として支払われます。この手数料は売上高に比例して増減します。

1.5 配送費用

  配達オーダーを提供する場合、食品の配送にかかる費用も売上高に応じて変動します。配達の需要が高まると、配送費用も増加します。

1.6 宣伝・マーケティング費用

  キャンペーンやプロモーションなどの宣伝・マーケティング活動にかかる費用は、売上高を増やすために発生します。売上が上昇すると、宣伝費も増加することがあります。

1.7 プレゼントや割引

  顧客に提供されるプレゼントや割引は、売上高に応じて変動する費用です。例えば特別なキャンペーン期間中に提供されることがあります。

2. 最後に

 変動費は、売上高や需要に比例して増減するため、事業の規模や状況に応じて変化します。売上高が伸びると、変動費も増加し、収益に寄与します。逆に、売上高が低下すると、変動費も減少し、収益に対する影響が生じます。経営者は変動費を適切に管理し、収益を最大化するために必要な対策を講じることが重要です。

-飲食店専門用語 解説