飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】坪売上とは?

1.坪売上とは?

 「坪売上(Sales per Square Foot)」は、特定の期間内に飲食店が売上げた総収益を、店舗の広さ(面積)で割った指標です。この指標は、特に小売店、レストラン、カフェ、フードコートなどの商業施設において、店舗の収益性と効率性を評価するために使用されます。

2. 坪売上を求める公式

坪売上求める公式
坪売上=売上高÷店舗面積(坪数)

例) 1ヶ月の売上高が4,898,422円、店舗の坪数が20坪の時の坪売上は?
4,898,422÷20=244,921円
この店舗の坪売上は約24.5万円、となる

3. 坪売上 向上のポイント

 坪売上は、飲食店の経営効率性と収益性を評価する上で役立ちます。以下は、坪売上が高い飲食店の特徴と、坪売上を向上させるための戦略に関するポイントです。

3.1 優れたメニュー設計

  顧客が魅力的な料理やドリンクを提供する飲食店は、平均的な注文額を増加させることができ、坪売上を向上させることがあります。

3.2 質の高いサービス

  良い顧客サービスは、顧客の滞在時間を延長し、リピートビジネスを促進します。

3.3 設備や内装の魅力

  店内の快適性や雰囲気は、顧客の滞在を促進し、坪売上を向上させるのに役立ちます。

3.4 適切な価格設定

  メニューアイテムの価格設定が適切であることは、顧客の支出を最適化し、収益性を向上させます。

3.5 効果的な販促活動

  広告やプロモーションを通じて顧客を引き付け、売上げを増加させる戦略を検討します。

3.6 効率的なスタッフ配置

 忙しい時間帯に適切なスタッフを配置し、労働力を最適化します。

3.7 需要予測と在庫管理

 需要を予測し、適切な在庫管理を行うことで、無駄な在庫を減らし、売上げを最大化します。

4. 回転率の目安

 飲食店の坪売上の目安は、月間15万円、最低でも10万円以上です。

飲食店の売上のよしあしを決めるのは坪月商がひとつの目安となっており、飲食業界では坪月商が20万円を超えるのが理想です。繁盛店と呼ばれる店舗の坪月商は、20万〜30万といったところです。30万を超えてくると、かなりの繁盛店と考えていいでしょう。

5. 最後に

 坪売上は、特に飲食業において、店舗の収益性と効率性を定量的に評価するための重要な指標です。成功する飲食店は、坪売上を向上させるために、顧客体験の向上やコスト管理の戦略を継続的に改善しています。

-飲食店専門用語 解説