飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】固定費とは?

1. 固定費とは?

 飲食業における固定費は、企業が運営するために毎月支払う必要がある、一定期間または一定数量に関連する費用です。これらの費用は、一定の金額が定期的に発生し、売上高や生産量の変動にかかわらず支払わなければなりません。

以下は、飲食業における一般的な固定費の例です。

1.1 賃貸料

 飲食業では、レストランやカフェの店舗を借りることが一般的です。賃貸料は毎月支払う必要があり、通常は固定費の中で最も大きな部分を占めます。賃貸契約に基づいて一定の金額が定められており、売上高の変動にかかわらず支払わなければなりません。

1.2 固定給与

  従業員の給与や福利厚生給付などの労働コストは、一般的に固定費とみなされます。これらの費用は、従業員の数や給与に関わらず毎月支払う必要があります。

1.3 公共料金

  電気、水道、ガスなどの公共料金は、毎月の支払いが必要な固定費です。これらは店舗の運営に不可欠であり、変動しません。

1.4 保険料

 保険は、店舗や従業員、責任などに関連するリスクをカバーするために支払われます。保険料は通常、一定の期間にわたって支払う必要があります。ができます。

1.5 貸借料

  貸し借りに関連する支払い、たとえばローンの返済やリース契約に基づく支払い、は通常固定費とみなされます。

1.6 広告宣伝費

 広告宣伝費は、一般的に月々一定の予算が割り当てられます。これは企業のマーケティング活動にかかる費用で、変動しない限り、固定費と考えられます。

1.7 管理費用

  事務用品、オフィス家具、コンピューターシステムの維持など、事業運営に関連する一般的な費用は、通常固定費と見なされます。

2. 最後に

 飲食業における固定費は、事業が安定して運営されるために必要な支出です。これらの費用は予測可能で安定しているため、事業計画や予算策定において重要な要素となります。従って、飲食業経営者はこれらの固定費用を適切に管理し、売上高を超える負担を回避するために注意を払う必要があります。

-飲食店専門用語 解説