飲食店専門用語 解説

商圏とは?具体的な意味や分析について、分かりやすく解説!

1. 商圏とは?

 飲食業において、「商圏(しょうけん)」とは、特定の飲食店や飲食施設の周囲に広がる地理的なエリアまたは顧客の居住地域を指します。商圏は、特定の飲食店が主要な顧客を獲得し、競合他社と競り合う範囲や地域を示すのに役立ちます。この概念は、店舗の立地選定、マーケティング戦略、競合分析、売上予測などの重要な側面で使用されます。

以下は、商圏に関する詳細な情報です。

1.1 地理的な範囲

 商圏は、特定の飲食店が影響を及ぼす地理的な範囲を指します。これは、徒歩圏内、車でのアクセス可能範囲、公共交通機関の利用可能な地域など、具体的な条件に基づいて定義されます。


1.2 顧客層

 商圏内の住民や通行人は、特定の飲食店の潜在的な顧客です。商圏分析において、この顧客層の特徴や人口統計情報(年齢、性別、収入など)、消費習慣、嗜好などを評価します。


1.3 競合状況

 商圏内に存在する競合他社や同業者も考慮されます。これにより、競争状況を理解し、競争優位性を評価できます。商圏内の競合店の数、種類、品質、価格、サービス品質などが分析されます。

1.4 売上予測

商圏分析は、特定の商圏内での売上を予測するのにも使用されます。これにより、新しい店舗の立地選定や既存店舗の売上目標の設定が行われます。

1.5 マーケティング戦略

 商圏分析は、マーケティング戦略の開発に影響を与えます。特定の商圏内の顧客に対して、適切なプロモーション、価格設定、商品やサービスの提供方法を調整するのに役立ちます。

2. 最後に

 飲食業において、成功するためには適切な商圏を選定し、商圏内の顧客ニーズに合ったサービスを提供することが重要です。商圏分析は、飲食店の経営戦略を調整し、市場に合わせたアプローチを確立するのに役立つ重要なツールです。

-飲食店専門用語 解説