飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】原価率とは?

1.原価率とは?

飲食店における「原価率」とは、食材や材料、調味料、包装資材、飲み物の原料など、提供される商品の製造にかかる原材料やコストが、売上高に対して占める割合を示す指標です。原価率は、飲食店経営において収益性やコスト管理の評価に使用され、経営者(または店舗管理者)にとって重要な情報となります。

2.原価率を求める公式

原価率は以下の式で計算されます:

原価率 = (原材料費および関連コスト / 売上高) × 100

例)売上高 240,000円、食材原価75,815円の時の原価率は?
(75,815円÷240,000円)×100=31.6%

原価率は31.6%となる

3.原価率をどのように見るのか?

 原価率の重要さ、なぜ管理するべき数値なのかを以下で解説します。

3.1 収益性の評価

原価率を計算することで、提供される商品の製造にかかるコストが売上高に対してどれだけの割合を占めているかを評価できます。原価率が低いほど、収益性が高くなります。

3.2 価格の設定

原価率情報を基に、商品の価格設定を検討することができます。収益を最大化するために、適切な価格を設定するのに役立ちます。

3.3 コスト管理

高い原価率は、コストが過剰にかかっていることを示すかもしれません。原価率を低減するために、原材料の購買先の見直し、廃棄物の削減、調理プロセスの最適化など、コスト管理策を検討することが必要です。

4. 最後に

原価率は、飲食店経営者が経営戦略を立案し、業績を改善するために活用する重要な指標です。低い原価率を維持しながら品質を維持することが、飲食店の成功に不可欠です。

-飲食店専門用語 解説