飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】原価とは?

1.原価とは?

飲食店における「原価」とは、料理や飲み物を提供する際にかかる材料や食材、調味料、包装資材、飲み物の原料、調理に使用されるエネルギーなど、商品を製造・提供するために必要な費用やコストのことを指します。

2.原価を構成するもの

原価は飲食店経営において収益性を評価し、コスト管理を行うための重要な指標の一つです。以下は、飲食店における原価を構成する要素となります。

2.1 食材費

食材費は、料理の主要な材料や食材のコストを示します。これには肉、魚、野菜、穀物、乳製品、調味料などが含まれます。

2.2 飲み物の原料

飲食店が提供する飲み物(例:アルコール飲料、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶など)の原料費も原価に含まれます。これにはアルコール、ジュース、シロップ、コーヒー豆などが含まれます。

2.3 包装資材

料理や飲み物を提供する際に使用される包装資材(例:容器、皿、コップ、ストローなど)のコストも原価に含まれます。

2.4 エネルギーコスト

料理の調理や飲み物の提供に必要なエネルギー(ガス、電力、水道料金)も原価に計上されます。

2.5 労働力の一部

飲食店の厨房スタッフやバーテンダー、ウェイターなど、料理や飲み物の提供に従事する従業員の労働力の一部も原価に含まれます。ただし、労働力の全額は原価には計上されず、人件費として別途計算されます。

2.6 食材費

飲食店の厨房スタッフやバーテンダー、ウェイターなど、料理や飲み物の提供に従事する従業員の労働力の一部も原価に含まれます。ただし、労働力の全額は原価には計上されず、人件費として別途計算されます。

3. 最後に

飲食店は、原価を適切に管理し、収益性を最大化するために努力します。原価を把握し、コストを最小限に抑えながら品質を維持することが、飲食店経営の成功に不可欠です。また、価格設定やメニュー戦略にも原価情報を活用して、競争力を維持することが重要です。

-飲食店専門用語 解説