飲食店専門用語 解説

飲食店における内部販促とは?具体的な意味や戦略などを分かりやすく解説!

1. 内部販促とは?

 飲食業における「内部販促(Internal Promotion)」は、店舗内で既存の顧客に向けて行われるマーケティング活動やプロモーションのことを指します。内部販促は、既存の顧客を維持し、リピーターを増やし、売上を向上させるために重要な戦略として使用されます。

以下は、内部販促の一般的な要素と戦略のいくつかです。

1.1 リピートプログラム

 飲食店は、リピート顧客を獲得し維持するためのプログラムを導入することがあります。例えば、忠誠度プログラムや会員制プログラムを通じて、顧客に特典や割引を提供し、リピート来店を促します。

1.2 特別メニュー

 期間限定の特別メニューや季節限定の料理を提供することで、既存の顧客に新しい食事体験を提供し、再訪を促します。

1.3 ハッピーアワー

 ハッピーアワーは、特定の時間帯に飲食物や飲み物を割引価格で提供するプロモーションです。これは、ランチタイムやディナータイムの活性化に役立ちます。

1.4 誕生日や記念日の特典

 顧客の誕生日や結婚記念日などの特別な日に、割引や無料デザートなどの特典を提供することで、顧客の特別な日を祝福し、感謝の気持ちを示します。

1.5 クロスセリング

  スタッフが顧客に他のメニューアイテムや飲み物を提案することで、注文の多様化を促進し、売上を増加させます。

1.6 フィードバック収集

 顧客からのフィードバックを積極的に収集し、改善点を特定し、サービスの向上に取り組みます。顧客の声を尊重し、対応することはリピーターを増やすのに役立ちます。

1.7 テーマイベント

特定のテーマに基づいたイベントやディナーを開催することで、顧客に新しい体験を提供し、店舗内での楽しみを増やします。

2. 最後に

 内部販促は、顧客との関係を強化し、顧客忠誠度を高めるのに役立つ戦略です。また、定期的な内部販促活動を通じて、顧客に新しいメニューアイテムやサービスを紹介し、収益を増加させることも可能です。店舗内での顧客体験を向上させ、顧客が快適に過ごせる環境を提供することも内部販促の一部です。

-飲食店専門用語 解説