飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】人時数(にんじすう)とは?

 

1.人時数とは?

 「人時数(にんじすう)」という用語は、日本の飲食業界において一般的に使用される言葉です。人時数は、労働力の効率的な利用や従業員の労働時間に関する情報を評価するために使用されます。以下で詳しく説明します。


1.1 労働時間

 従業員が実際に働いた時間を表します。これは通常、週や月単位で計測されます。

1.2 従業員数

 飲食店における特定の期間(例:週、月)において、働いている従業員の数を示します。

人時数は、労働時間と従業員数を掛け合わせて計算します。具体的な式は次のようになります。

人時数 = 労働時間 × 従業員数

2.人時数に対する考え方

人時数は、主に以下の3つの考え方があります。

2.1 スタッフのスケジュール管理

 予算内でスタッフを配置するために、特定の期間における予定される労働力の必要性を評価します。これにより、ピーク時とオフピーク時で従業員数を調整できます。

2.2 コスト管理

 人時数の計算を通じて、人件費を予測し、予算内で収めるのに役立ちます。これは、飲食店経営における重要なコスト要素です。

2.3 売上分析

 人時数を売上高と比較することで、売上に対する労働力の効率性を評価できます。売上を最大化し、無駄を減らすための改善策を見つけるのに役立ちます。

2.4 従業員評価

 従業員のパフォーマンスを評価する際に、人時数データは役立ちます。従業員が与えられた時間内にどれだけの業務を達成したかを評価できます。

3. 最後に

 人時数は従業員の労働力の使い方やコスト管理において非常に有用なツールです。飲食店経営者は、人時数を適切に計算し、最適なスタッフ配置と効率的な運営を追求することが成功に不可欠です。


    【コメント・ご相談・コンサルティングの依頼はこちらから】

    -飲食店専門用語 解説