飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】人時売上とは?

1. 人時売上(にんじうりあげ)とは?

「人時売上」とは、飲食業界において従業員の労働時間と売上高を関連づけて評価するために使用される指標の一つです。この指標は、労働力の効率性や売上との関係を理解し、業務プロセスの改善や予算策定に役立ちます。

要は「一定期間で一人当たりいくらの売上を獲得出来たのか?」という指標です。


2. 人時売上を求める公式

人時売上=売上高÷人時数

例)売上高 240,000円、人時数45hの時の人時売上は?
240,000円÷45h=5,333円

人時売上は5,333となる


3. 人時売上を求める利点

人時売上の評価には以下の利点があります。

3.1 労働力の効率性の評価

人時売上を計算することで、従業員が特定の時間内にどれだけの売上を生み出しているかを評価できます。高い人時売上は、労働力の効率的な利用を示し、業績向上の指標となります。

3.2 予算策定

人時売上を基に、将来の予算を立案することができます。従業員数を増減させた場合や、シフトの調整を行った場合の予想される売上を計算するのに役立ちます。

3.3 業務プロセスの改善

低い人時売上は、業務プロセスやサービスの改善の必要性を示すことがあります。従業員のトレーニングや業務フローの最適化を検討しましょう。

3.4 収益性の向上

人時売上の向上は、収益性の向上につながります。より多くの売上を同じ労働時間内に達成できれば、収益を増加させることができます。

4. 最後に

人時売上は、飲食店経営者にとって重要な指標であり、経営戦略の評価や改善に活用することがお店の成功に貢献します。


-飲食店専門用語 解説