飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】人件費率とは?

1.人件費率とは?

 飲食業における「人件費率」は、人件費(従業員に支払う給与や関連するコスト)が売上高に占める割合を示す指標です。人件費率は、飲食業界においてコスト管理と収益性の評価に使用されます。

2.人件費率を求める公式

一般的な式は次のようになります。

人件費率 = (人件費 / 売上高) × 100

例)売上高 240,000円、人件費49,540円の時の人件費率は?
(49,540円÷240,000円)×100=20.6%

人件費率は20.6%となる

3.人件費率をどのように見るのか?

 人件費率は、飲食店運営において以下のように活用することができます。

3.1 コスト管理

 人件費率は、人件費が売上高に対してどれだけの割合を占めているかを示すため、コスト管理の評価に役立ちます。高い人件費率は、コストが高すぎることを示唆し、改善の必要性を示すことがあります。

3.2 収益性の評価

 人件費率を評価することで、収益性を評価できます。収益が高いにもかかわらず、人件費率が低い場合、収益性が向上していることを示すことがあります。

3.3 業務戦略の評価

 人件費率は、業務戦略や従業員配置の効果を評価するのに役立ちます。例えば、シフトの調整や従業員の効率的な利用を検討する際に活用できます。

3.4 競争力の評価

 他の飲食業と比較して人件費率を評価することで、競争力を評価できます。競合他社と比較して高い人件費率は、競争力の低下を示すかもしれません。

4. 最後に

 人件費率は飲食業において重要な経営指標であり、コスト管理や収益性の向上に貢献します。経営者は、定期的に人件費率をモニタリングし、必要に応じて戦略を調整して業績を向上させることが求められます。

-飲食店専門用語 解説