飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】ビジョンとは?

1. ビジョンとは?

 飲食店の「ビジョン(Vision)」は、その店舗やブランドが将来においてどのような状態や成果を達成しようとしているのかを明確に示す文書またはステートメントです。ビジョンは、経営陣や従業員に対して明確な方向性を提供し、長期的な目標や抱負を明示します。

2. 理念に含まれる要素

 ビジョンを抽象的に表現したり、逆に数字を交えて表現したりと、在り方は企業によって様々です。

以下は、飲食店のビジョンに含まれる可能性のある要素です。

2.1 将来の状態

  ビジョンは、飲食店が将来においてどのような状態にあることを目指しているかを述べます。これは、店舗やブランドが成長、発展し、どのように変化するかを示すものです。

2.2 目標と成果

 ビジョンは、飲食店が達成したい長期的な目標や成果を指します。これは、売上増加、市場シェアの拡大、新規店舗の展開、ブランドの認知度向上などを含むことがあります。

2.3 顧客体験

 ビジョンは、顧客に提供する体験や価値について述べることがあります。顧客の期待を満たし、超えることを目指す姿勢を示すものです。

2.4 独自性と価値提供

 飲食店が競合他社とどのように異なり、顧客に対してどのような独自の価値を提供するかを示すことがあります。これは、メニュー、サービス、文化などに関連する要素です。

2.5 社会的責任と持続可能性

  一部の飲食店は、社会的責任や環境に対する配慮をビジョンに組み込むことがあります。持続可能な経営や地域社会への貢献に焦点を当てる場合があります。

2.6 スタッフと文化

  ビジョンは、スタッフや従業員への期待や文化に関する要素を含むことがあります。従業員の満足度や成長、協力、プロフェッショナリズムなどが強調されることがあります。


4. 最後に

 飲食店のビジョンは、経営陣や組織内のスタッフに向けて共通の方向性を示し、長期的な目標達成に向けて動機づけを提供します。ビジョンはブランドのアイデンティティを形成し、戦略的な意思決定やリソースの配分に影響を与えます。また、顧客に対しても、飲食店のブランド価値や使命感を伝える重要な要素となります。

-飲食店専門用語 解説