飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】スーパーバイザー(SV)とは?

1. スーパーバイザーとは?

 飲食店における「スーパーバイザー(Supervisor)」は、店内での運営とスタッフの日常業務に対する管理と監督を担当する役職です。スーパーバイザーは、店長や経営者の指示に従いつつ、スタッフの指導や業務の効率化を促進し、店舗のスムーズな運営を確保します。

2.スーパーバイザーの主な役割

スーパーバイザーの役職は企業によって役割が違いますが、本来の意味としてはスーパーバイザーとエリアマネジャーは役割が大きく異なります。以下がスーパーバイザーの一般的な役割と責任についての概要です。

2.1 スタッフ管理

  スーパーバイザーは、従業員の日々の業務とスケジュールを管理します。これには、シフトの調整、業績評価、トレーニングの提供などが含まれます。

2.2 カスタマーサービス

 スーパーバイザーは、顧客に対する高品質のサービス提供を確保し、従業員にカスタマーサービスのスキルと態度を指導します。また、顧客からのクレームや問題の解決にも関与します。

2.3 労働法規制の遵守

 スーパーバイザーは、労働法規制に従ってスタッフの勤務時間、賃金、休憩時間などを管理し、法的なコンプライアンスを確保します。

2.4 衛生と安全

  飲食店では食品衛生規則や労働安全規則の遵守が求められます。スーパーバイザーはこれらの基準を遵守し、店舗内の清潔さと安全性を確保します。

2.5 在庫管理

 スーパーバイザーは在庫の調達、品質管理、在庫レベルの監視などを管理します。これにより、飲食店のスムーズな運営が確保されます。

2.6 顧客フィードバックの収集

 顧客からのフィードバックを受け入れ、改善点を特定し、サービスの品質向上に取り組みます。

2.7 シフト管理

  スーパーバイザーはスタッフのシフトを調整し、ピーク時や忙しい日に適切な人員を配置する役割を担います。

2.8 トレーニングと開発

  スーパーバイザーは新入社員やスタッフのトレーニングプログラムの設計と実施を行い、スキルの向上と成長をサポートします。

2.8 危機管理

 スーパーバイザーは、緊急事態や問題の発生時に迅速かつ適切な対応を行います。

3. 最後に

 スーパーバイザーは、店舗内の日常業務の円滑な運営とスタッフの管理を担当し、店長や経営者のサポート役割を果たします。店内の秩序を保ち、スタッフのモチベーションを向上させ、顧客満足度を高めるために、スーパーバイザーの役割は極めて重要です。

-飲食店専門用語 解説