飲食店専門用語 解説

【飲食店用語解説】エリアマネジャーとは?

1. エリアマネジャーとは?

 飲食店における「エリアマネジャー(Area Manager)」は、複数の店舗または店舗のグループを管理する責任者です。エリアマネジャーは、店舗の運営、スタッフの指導と監督、業績向上、労働法規制の遵守など、一定の地域またはエリア内の複数の店舗に対する責任を担います。

2.エリアマネジャーの主な役割

 エリアマネジャーは優秀な店長から昇格することが多いですが、店長の適性とエリアマネジャーの適性・資質は全く別物です。

以下がエリアマネジャーの一般的な役割と責任についての概要です

2.1 店舗管理

 エリアマネジャーは複数の店舗の運営と管理を監督します。これには、売上成績のモニタリング、費用管理、在庫管理、カスタマーサービスの向上などが含まれます。

2.2 スタッフ管理

 エリアマネジャーは複数の店舗のスタッフを指導し、トレーニングを提供し、業績評価を行います。スタッフの労働条件や勤務スケジュールの調整も担当します。

2.3 業績向上

 エリアマネジャーは店舗の売上成績向上を促進し、収益性を最大化するための戦略を策定および実施します。価格設定、プロモーション、メニューの改善などが含まれます。

2.4 予算管理

  エリアマネジャーは予算の設定および管理を行い、コストの管理、収益目標の達成に向けた計画を立てます。

2.5 カスタマーサービス

 エリアマネジャーは店舗が高品質のカスタマーサービスを提供することを確保し、顧客満足度を向上させます。

2.6 労働法規制の遵守

 エリアマネジャーは複数の店舗で労働法規制に準拠するためのポリシーとプロシージャを策定し、適切な実施を監督します。

2.7 新店舗の開設

  新しい店舗の開設や既存店舗の改装など、エリア内の店舗拡大や変更に関与します。

2.8 報告とコミュニケーション

  エリアマネジャーは上級管理職や本社と連絡を取り、エリア内の店舗に関する報告と情報を提供します。また、店舗とのコミュニケーションも重要です。

3. 最後に

 エリアマネジャーは、複数の店舗を効果的に監督し、エリア全体で収益性を最大化し、一貫したブランドイメージを維持するために必要です。エリアマネジャーの役割は、多くの場合、店舗マネージャーやスーパーバイザーと密接に連携し、組織全体の成功に貢献します。

-飲食店専門用語 解説